モレーン湖

モレーン湖

モレーン湖

世界で一番美しい湖

「世界で一番美しい湖」「一生に一度は見たい絶景の湖」等と称されるモレーン湖(モレーン・レイク / Moraine Lake)は、カナダ・アルバータ州のバンフ国立公園内にある湖。標高1,884メートルの場所に位置する湖で、「氷河の雪解け水」がたまって出来上がった「氷河湖」です。まるで青色の絵の具を溶かし込んだような特徴的なターコイズ・ブルーの色合いの美しさは一度見たら忘れられないもの。氷河によって少しずつ削り取られた細かな山の鉱物などの土砂が雪解け水と共に湖に流れ込み、それが湖の中で浮遊して太陽光を屈折させるために絵画のような美しい青色になるといわれています。

氷河の雪解け水が流れ込むため、湖が満水になるのは例年6月の下旬。夏のハイシーズンともなれば、晴れた日には写真のような美しい青色の水を湛えた湖に出会うことができます。湖の面積は約0.5平方キロメートル、最大水深は14メートル。湖のバックに聳える山々は、デルタフォーム山(Deltaform Mountain)(標高3,424メートル)、アレン山(Mount Allen)(標高3,310メートル)、トゥゾ山(Mount Tuzo)(標高3,246メートル)といった10の峰々。これらは通称「テンピークス(ten peaks)」と呼ばれ、カナダの旧20ドル紙幣のデザインにも採用された風景です。

湖の周辺には、駐車場から続く「ロックパイルトレイル(片道約1.5キロメートル)」や「コンソレーション・レイクトレイル(約2キロメートル)」などの遊歩道が整備されているので、美しい自然を満喫しながらモレーン湖の神秘的な絶景を楽しむことができますが、熊が出没するエリアでもあり、特定の遊歩道を歩く際は最低4人~6人以上(遊歩道のルートによって規定人数は変化します)のグループで歩くことが義務づけられています。これに違反をすると最大で5,000カナダドルの罰金を科せられることもありますので、十分注意しましょう。

モレーン湖
モレーン湖ではカヌーも楽しめます。息を飲むような絶景の中、神秘的な美しさの湖に漕ぎ出せば、展望台から見るのとはまた違う、モレーン湖に出会うことが出来ます。湖を渡る風の香り。水の音。光の匂い。それは都会暮らしでは決して味わえない体験です。

ピカ(ナキウザギ)
遊歩道を歩いていると時折聞こえてくる甲高い「キーキー」とした鳴き声の主はピカと呼ばれるナキウサギ。運が良ければ岩場に佇んでいる可愛らしい姿を見ることも出来るので、鳴き声が聞こえたら、目を凝らしてみてみてくださいね。

天候や時間帯によって様々な表情を見せるモレーン湖

モレーン湖
鏡面のような湖面にテンピークスの山々がうつり込む。

モレーン湖
美しいターコイズブルーの湖面を見る為には、晴れた日の風が弱い午前中がねらい目。水の色は、湖の水温や、前日まで雨が降っていたかどうか、空の色、日光の具合、気温など、様々な条件が関係してくる。

秋のモレーン湖

モレーン湖
冠雪したテンピークスの山々と秋のモレーン湖

冬のモレーン湖

モレーン湖
訪れる人も少なくなり(※)、いっそう静けさを増す冬のモレーン湖。静謐な美しさを湛える。

(※モレーン湖へと続く道は、10月上旬〜翌6月中旬まで封鎖される為、湖までの車でのアクセスは不可となります。)

 
 

モレーン湖(Moraine Lake)への行き方

日本からカルガリー国際空港までは所要約9時間35分。カルガリー国際空港からモレーン湖へはレンタカーが便利です。所要約2時間半。バンフの町からは約50分ほど。

駐車場

夏のハイシーズンには国内外から訪れる観光客の車で駐車場が満車になってしまう事も少なくありません。レンタカーで訪れる際は早朝(午前7時頃まで)に到着するように動くと無難です。

ウェブサイト

Banff National Park

モレーン湖 地図

地図の中心へ

モレーン湖で宿泊

モレーン湖に泊まる場合は、Moraine Lake Lodgeがおすすめ。風景に溶け込んだ山小屋風のデザインの建物で、快適な時間を過ごせます。ガラス張りの気持ち良いダイニングで食べる食事も最高。自然以外何もない贅沢。静けさを肴に飲むお酒。ここにしかない素敵な時間を是非過ごしてみてください。